次の週末なにしたい?

MAKE

    • 夏のドライブに持っていきたい、クッションの作り方
    • 夏のドライブに持っていきたい、クッションの作り方

      2016.07.26

    夏の楽しみと言えば、キャンプや海水浴などのアウトドア。

    そんなアウトドアに欠かせないのが、友達や大切な人と過ごすドライブのひと時。

    好きな音楽をかけながら目的地に着くまでの時間を、心地よく楽しく過ごしたいですよね。

    今日はそんなドライブの時間をさらにワクワクさせてくれる、オリジナルクッションの作り方をご紹介します。

    季節に合わせてクッションを変えられたら素敵だけど、意外と高くてそういくつも買えないクッション。

    自分で作れるようになったら、季節の達人になれちゃうかもしれません。

     

    用意するもの
    ・布2種類
    ・裁縫道具
    ・ミシン
    ・アイロン
    2

     

    作り方
    1.布を裁断し、両端を縫う
    3

    本体になる布を50㎝×110㎝にカットする。50㎝の方の端を三つ折りにし、アイロンで押さえ、ミシンで縫う。
    菴懷峙

     

    2.フリルを作る
    もう一種類の布を縦10㎝、横クッション幅の2倍の長さ程度にカットし、クラッチバックで作ったようにギャザーを寄せ、2枚フリルを作る。
    (今回は緑のギンガムチェックの布で作りました。)

     

    3.フリルを縫い付ける
    4

    生地を裏返してAとBに、本体→フリルの順で置く。

    フリルの向きは、ひだがある方が、中心側になるように。縫い付ける。

    (その時に、一度仮縫いしておくと、綺麗に縫えます。)

    その上に、また本体の布をかぶせ、はさみ込むようにして、縫い合わせる。5

    ひっくり返し、角を綺麗に出したら完成。

    この作り方さえマスターしてしまえば、装飾を少し変える事で、いろんなアレンジも可能です。

    もう一つのクッションは、端にフリルをつけるのではなく、本体に4本のフリルを縫い合わせてボリュームのあるクッションにしました。

    車内で使うのはもちろん、キャンプや、海、ピクニックに持ち出して、シートの上で寝転んでみるなんてのもおてんばな夏の過ごし方ですね。

    もちろんオフィスやお家のソファー用に作るのもおすすめです。

    是非オリジナルのクッションを作って、友達や大切な人と素敵なドライブの時間をお過ごしてくださいね。

    みなさま、素敵な週末を。
    1

    (文・山下沙樹 編集・NEXTWEEKEND)

ページの先頭へ
Add to favorites